三木露風賞〜「童謡の里たつの」から新しい童謡を〜

「三木露風賞」について

 童謡「赤とんぼ」の作詩者三木露風の生誕地たつの市は、児童文化の風土づくりをめざして、昭和59年(1984年)10月7日に「童謡の里宣言」をしました。
 以来、童謡の振興と世代を越えて歌い継がれる新しい童謡の創造を目指し、(一社)日本童謡協会と(一社)龍野青年会議所と共に「新しい童謡コンクール」を実施し、「三木露風賞」を設けて広く全国に童謡創作詩を募集しております。
 ”時を越え 世代をつないで 歌い継がれる童謡”の創造と、子どもたちの豊かな情操や感性を育み、永く歌い継がれる童謡が「童謡の里たつの」から発信出来ることを願い、皆様からすばらしい作品が寄せられますことをお待ちしております。
(尚、詩人三木露風の顕彰を一層明確にするため、創作詩のみの募集としています。)
 
平成30年度「第34回三木露風賞」作品募集(募集期間:平成30年4月〜7月1日)は終了しました。ご応募ありがとうございました。結果発表は平成30年10月上旬を予定しています。
第34回三木露風賞募集要項(pdfファイル)
 
 童謡イベント「第34回三木露風賞新しい童謡コンクール入賞詩発表会」
 
 平成30年10月21日(日) 13:30〜
 たつの市総合文化会館 赤とんぼ文化ホール(大ホール)
 無料
 第一部:入賞詩発表会 第二部:楽しい童謡コンサート
 





ナビゲーション

バナースペース